fc2ブログ
2024/02/26

[ロスト・イン・トランスレーションの方法2 ] 4/16(火)ー4/21(日)

4/16(火)ー4/21(日) 12:00~19:00 最終日17:00

短歌と日本画の展覧会
[ロスト・イン・トランスレーションの方法2 ]
昨年 2023年の記録です。
http://sd602kingyo.blog67.fc2.com/blog-entry-1646.html

【短歌】
浅利芯・乾将崇・大平光太・からすまぁ・神崎梓・込谷和登・榊隆太
鈴原礼惟・高井伽称子・武村悠由・中川智香子・藤原壮佑・真宮湊・渡邊新月
【日本画】
伊東彩那・内田成美・岡田周也・岡庭あこ・金井玲・神戸南奈・さとうみはな
竹石楓・内藤丈晴・新沼緑・日野樹来・藤宮初音・藤村栞・宮嶋森羅

短歌から日本画を、日本画から短歌をそれぞれ制作し、同じ空間に展示する企画です。
古くから日本では、絵から和歌を詠む、和歌に詠まれた情景を描くということが行われてきました。短歌と日本画は、ともに日本の伝統文化をルーツにもちながら、現代で新しい表現が模索されているジャンルです。この企画では、和歌と絵が、現代で短歌と日本画として再会し、どのようにお互いと向き合い、解釈することができるのか、可能性を探ります。
詩人ロバート・フロストは「詩とは翻訳において失われるもののことである」という言葉を残しました。この企画では、この喪失を乗り越えた先にある新たな詩の獲得を目指します。
2024/02/25

いけばな展 SYC東京1企画展 2/24(土)-2/25(日)11:00~18:00

いけばな展 SYC東京1企画展
【点々】
White Gallery Gallery KINGYO ギャラリーマルヒ 同時開催

SYC東京1
SYC(Sogetsu Young Challengers)東京1は、40歳未満のいけばな草月流を学んでいる人々が任意に集い、若い新鮮な感覚と実行力を持って勉強会・研究会・展覧会などの活動を行っている組織です

240224-2.jpg



240224-3.jpg



240224-1.jpg



240225-d.jpg


ギャラリー マルヒ
240225-b.jpg



240225-a.jpg


White Gallery
240225-c.jpg
2024/02/11

2/11(日) 大西絢子羊毛ワークショップ -やさしい石ころを作る-


大西絢子さんが、ペーパーウェイトを作るワークショップをしました。
カラフルで素敵な作品が沢山出来ました。
とても楽しそうな、ご様子でした。

2024年2月11日(日)
13:00-14:30
15:00-16:30

240211_w_4.jpg





240211_w_1.jpg





240211_w_3.jpg





240211_w_6.jpg

2024/01/22

中嶋玉華 書展[古今和歌集 恋歌二]3/26(火)ー3/31(日)


中嶋玉華 書展 [古今和歌集 恋歌二]

2024年 3/26 (火)ー3/31(日)
12:00~19:00 最終日17:00


1958年 東京生まれ
日本大学芸術学部美術学科卒業

2016年 個展「堤中納言物語 春夏編」(ギャラリー砂翁)
2018年 二人展「大和物語 抄」(藤屋画廊)
2019年 毎日書道展会員賞受賞
2023年 個展「古今和歌集 恋歌一」(ギャラリーKINGYO)

現在 毎日書道展かな部審査会員
   専修大学文学部非常勤講師
   中嶋玉華書迹研究会代表


ギャラリーKINGYOの空間との調和を考え、表装からプランを始めて、一年前の古今和歌集 恋歌一につづき恋歌二の64首を書きました。


240211_1.jpg





240211_2.jpg





240211_3.jpg





240211_4.jpg




2024/01/18

桜岡みゆき 個展 3/26(火)-3/31(日)


桜岡みゆき展

2024年 3/26 (火)ー3/31(日)
12:00~19:00 最終日17:00まで


女子美術大学洋画科卒
上野の森美術館大賞展 一次候補2回賞候補2回
青木繁美術館大賞展  受賞4回
新制作協会会員
日本美術家連盟会員


抽象表現に興味がある
即興性、デッサンの重視、制作が作業にならぬよう気をつけている
都市生活者である自分が感じる事を表現したい



240118-4.jpg



『家と船』
240118-e.jpg




『家と船』
240118-f.jpg



『家と船』
240118-d.jpg




『舟』
240122_1.jpg




『舟』
240122_2.jpg