FC2ブログ

武田律子版画展 1992-2018 12月11日(火)-12月16日(日)会期中無休

武田律子版画展 1992-2018

2018年12月11日(火)-12月16日(日)会期中無休
12:00-19:00(最終日は17:00まで)

181212-3.jpg



シルクスクリーン・プリントに魅せられて四半世紀、制作してきました。1枚の紙が、1色1色と刷り重ねるうちに、2次元の画面から3次元の空間へと変容する面白さを追求しています。
「旋」は、紙1枚のなかに赤い無光沢の色面と金属的な形態を共存させることによって、それらが揺らめき、動きだすかのような虚構の現れを狙った私の最も重要な連作です。
この個展では、連作「旋」の前段階である初期作から2018年の最新作まで、国内外の公募展での入選・入賞作も含めて約25点を自選、出品します。ご高覧くだされば幸いです。( 武田律子 )
181212-6.jpg

181212-7.jpg


181212-5.jpg


181212-8.jpg


181212-13.jpg


181212-9.jpg


181212-11.jpg


181212-12.jpg

【略歴】
武田 律子(TAKEDA  Ritsuko)

1969年 神奈川県小田原市に生まれる
1996年 東京藝術大学大学院美術研究科(版画専攻)修了
 
おもな展示
1996年 現代日本美術展・横浜美術館賞/東京都美術館、京都市美術館
1996年 神奈川県美術展・はまぎん財団賞/神奈川県民ホールギャラリー
1996年 武田律子展 「旋」/INAXギャラリー2(東京都中央区)
2001年 吉原治良賞美術コンクール展/大阪府立現代美術センター
2009年 クラクフ国際版画トリエンナーレ/現代美術ギャラリー(ポーランド)
2010年 Multiple Matters:Grafische Konzepte/Kunstlerhaus(オーストリア)
2011年 GUANLAN国際版画ビエンナーレ/観瀾版画原創産業基地(中国)
2012年 バンコク国際版画・素描トリエンナーレ/バンコク芸術文化センター(タイ)
2013年 INTER FACES : Istanbul/ミマール・スィナン芸術大学美術館(トルコ)
2015年 NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展・準大賞/美術家連盟画廊(東京都中央区)
2016年 TRIBUNA GRAPHIC 2016/クルジュ=ナポカ国立美術館(ルーマニア)
2017年 ヴァルナ国際版画ビエンナーレ/ヴァルナ市美術館(ブルガリア)

個展 1996年〜
INAXギャラリー2(東京都中央区)、Key Gallery(東京都中央区)、B-gallery(東京都豊島区)、ギャラリー・アートワークス(静岡県三島市)、他
 
おもな収蔵先 
東京藝術大学大学美術館、 横浜美術館、 町田市立国際版画美術館、岩田レーベル株式会社、クラクフ国際版画トリエンナーレ協会(ポーランド)、日本美術技術博物館マンガ(ポーランド)、 観瀾版画原創産業基地(中国)、シラパコーン大学(タイ)、キャピラノ大学(カナダ)、 クルジュ=ナポカ国立美術館(ルーマニア)

2018.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

関直美展 「何か聞こえる」(予告)

関直美展 「何か聞こえる」

会期:2019年1月5日(土)-1月18日(金)月曜日休廊
時間:12:00-19:00(最終日は17:00まで)

作品について
チープな大量生産の結束バンドを使って表面に髭のようなものをはやす試みをしている。なぜ結束バンドを使うのかを聞かれることがあるが、イヌがあちこちに放尿する、私が私であるマーキングとでも言おうか。
この何年かいくつかのアートプロジェクトに参加しインスタレーション作品に多々出合う。私も場に応じて臨機応変にインスタレーション的な作品の収めかたをするが、それらアートプロジェクトは、私にとって彫刻が持つ面白さをかえって認識する場でもある。リアリテイ、オリジナル性、意外性などの要素に加え、異化の契機となろうとする態度も重要、私にとって彫刻は実験でありインスタレーションもその延長でありたい。


「何か聞こえる」
今は一人で暮らしているが、かつては家族があった。暮らした家は古い木造、自営業を営むその家屋には待合室があった。暑い夏の昼休み、唯一冷房が効く待合室は憩いの場所、家族に限らず友達やら誰かがいつも椅子にごろんとまどろんでいた。
遠い記憶は椅子に染みついた。

誰の家にもそんな記憶がありはしないか。

長い椅子を二つに切り離す。
すると何か聞こえて来やしないか。


多摩美術大学・同大学院で彫刻を学び修了
1994年 第4回現代日本木彫フェスティバル大賞受賞
1998年 文化庁海外派遣員としてアイルランド、リィトリムスカルプチャーセンターに滞在
2007年 アイルランド現代美術館アーチストレジデンスプログラムで同館に滞在

1999年「エクスプローリング」 国際彫刻シンポジウム / アイルランド
2000年「公開制作 in 上海」 上海製紙研究所 / 中国
2002年「ロッフブーラ国際彫刻シンポジウム」 アイルランド
2003年「おんなのけしき世界のとどろき」 東京日仏学院 / 東京
2006年「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」 越後・妻有
2007年「旅展」 国立新美術館 / 東京
2008年「ACkid
キッドアイラックアートホール / 東京 / 2008〜2016
2011年「Art Kawasaki」 川崎 / 2011〜2017
2012年「立体造形」 ART FORUM JARFO他 / 京都 / 2012〜2018
2013年「ART MEETING 2013」 いわき / 2013, 2014, 2016, 2018
「食とアートと音楽と」 川崎市市民ミュージアム / 川崎
2015年「アートプログラム青梅」 吉川英治記念館 / 東京
2017年「アートアイランズTOKYO」元・波浮小学校 / 大島 / 2018 / 新島
2018年「新原点」かがわ・山なみ芸術祭 / 香川

seki_2018120216430446d.jpg

2018.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

遊桜ヶ丘・現在進行形 野外展2018・サテライト展 12/4 (火)~ 12/9日

遊桜ヶ丘・現在進行形 野外展2018・サテライト展
12/4 (火)~ 12/9日(日)12:00~19:00 最終日17:00迄 



石坂孝雄 .伊藤タダオ. 後啓子. 大塚水央. 大平奨. 坂牛幹雄.
サクサベ ウシオ.曽根光子 .武内カズノリ. 竹内博. 津野元子. 橋本憲治.
林和恵. 平田俊介 .堀本俊樹. 三輪暁. 渡辺一宏

現在進行形DM写真

https://blog.goo.ne.jp/yu-sakuragaoka

遊・桜ヶ丘 現在進行形 野外展 2018年秋 聖跡桜ヶ丘の森に現代アート作品が出現する
アニメ 耳をすませばで知られる場にまたひとつ豊かな実

181204-5.jpg


181204-3.jpg


181204-2.jpg


181204-6.jpg


181204-8.jpg


181204-7.jpg


181204-1.jpg

展示作品

181212-A20.jpg


181212-A19.jpg


181212-A18.jpg


181212-A17.jpg


181212-A16.jpg


181212-A15.jpg


181212-A14.jpg


181212-A13.jpg


181212-A12.jpg


181212-A11.jpg


181212-A9.jpg


181212-A36.jpg


181212-A34.jpg


181212-A33.jpg


181212-A32.jpg


181212-A31.jpg


181212-A30.jpg


181212-A29.jpg


181212-A25.jpg


181212-A24.jpg


181212-A23.jpg


181212-A22.jpg


181212-A10.jpg

2018.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

武田律子版画展 1992-2018 (予告)

武田律子版画展 1992-2018

【会期】2018年12月11日(火)-12月16日(日)会期中無休
【時間】12:00-19:00(最終日は17:00まで)


【コメント】
シルクスクリーン・プリントに魅せられて四半世紀、制作してきました。1枚の紙が、1色1色と刷り重ねるうちに、2次元の画面から3次元の空間へと変容する面白さを追求しています。
「旋」は、紙1枚のなかに赤い無光沢の色面と金属的な形態を共存させることによって、それらが揺らめき、動きだすかのような虚構の現れを狙った私の最も重要な連作です。
この個展では、連作「旋」の前段階である初期作から2018年の最新作まで、国内外の公募展での入選・入賞作も含めて約25点を自選、出品します。ご高覧くだされば幸いです。


【略歴】
武田 律子(TAKEDA  Ritsuko)

1969年 神奈川県小田原市に生まれる
1996年 東京藝術大学大学院美術研究科(版画専攻)修了
 
おもな展示
1996年 現代日本美術展・横浜美術館賞/東京都美術館、京都市美術館
1996年 神奈川県美術展・はまぎん財団賞/神奈川県民ホールギャラリー
1996年 武田律子展 「旋」/INAXギャラリー2(東京都中央区)
2001年 吉原治良賞美術コンクール展/大阪府立現代美術センター
2009年 クラクフ国際版画トリエンナーレ/現代美術ギャラリー(ポーランド)
2010年 Multiple Matters:Grafische Konzepte/Kunstlerhaus(オーストリア)
2011年 GUANLAN国際版画ビエンナーレ/観瀾版画原創産業基地(中国)
2012年 バンコク国際版画・素描トリエンナーレ/バンコク芸術文化センター(タイ)
2013年 INTER FACES : Istanbul/ミマール・スィナン芸術大学美術館(トルコ)
2015年 NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展・準大賞/美術家連盟画廊(東京都中央区)
2016年 TRIBUNA GRAPHIC 2016/クルジュ=ナポカ国立美術館(ルーマニア)
2017年 ヴァルナ国際版画ビエンナーレ/ヴァルナ市美術館(ブルガリア)

個展 1996年〜
INAXギャラリー2(東京都中央区)、Key Gallery(東京都中央区)、B-gallery(東京都豊島区)、ギャラリー・アートワークス(静岡県三島市)、他
 
おもな収蔵先 
東京藝術大学大学美術館、 横浜美術館、 町田市立国際版画美術館、岩田レーベル株式会社、クラクフ国際版画トリエンナーレ協会(ポーランド)、日本美術技術博物館マンガ(ポーランド)、 観瀾版画原創産業基地(中国)、シラパコーン大学(タイ)、キャピラノ大学(カナダ)、 クルジュ=ナポカ国立美術館(ルーマニア)

takeda.jpg

2018.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

(予告)遊.桜ヶ丘 現在進行形 野外展2018  サテライト展

遊.桜ヶ丘 現在進行形 野外展2018  サテライト展

2018年 12月 04日 - 2018年 12月 09日
12時00分 - 19時00分
最終日17:00まで

石坂孝雄.伊藤タダオ.後啓子.大塚水央.大平奨.坂牛幹雄.サクサベ ウシオ.曽根光子
武内カズノリ.竹内博.津野元子.橋本憲治.林和恵.平田俊介.堀本俊樹.三輪暁.
渡辺一宏 

現在進行形DM写真

2018.12.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

新しい日記へ  | トップへ戻る |  過去の日記へ

ホームページ

ギャラリーKINGYO

sd602kingyo

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索