FC2ブログ

永井慧彦展 「studies」 2018年10月23日 (火) - 10月28日 (日)

永井慧彦展 「studies」
2018年10月23日 (火) - 10月28日 (日)12:00〜19:00(最終日17:00)

ここ最近、塑像の置き換えではなく、ブロンズ鋳造は可能だろうか。
と言うことを考えています。
作品は言葉の代わりに私的な物語を素材の加工を通じて話すことを
目指しています。
発表せぬままにつくりためてしまったので、まとめたいと思います。
(永井慧彦)

181023-11.jpg

永井慧彦略歴

2015年 武蔵野美術大学大学院博士後期課程 単位取得退学
2011年 武蔵野美術大学大学院 彫刻コース 修了
2009年 武蔵野美術大学造形学部 彫刻学科 卒業

181023-10.jpg


181023-9.jpg


181023-4.jpg


181023-1.jpg
ネオン (ブロンズ CO2 ガス型)
2013 年 ブロンズで夜の街灯りをつくる。


181023-2.jpg
右手のダンス(サロメ) (ブロンズ CO2 ガス型法・陰刻)(2013 )
ピアノを弾くように、鋳型をつくる。


181023-12.jpg
岸壁の牡牛座(2018)


181023-8.jpg


181023-7.jpg
空気の密度(2018)


20181024_01.jpg


20181024_02.jpg


20181024_03.jpg
橋の眺め(2018)


181023-6.jpg


181023-5.jpg


218124_06.jpg
壁の背中(2018/原型/鋳造2015)


181023-3.jpg
背中の壁(2018.鋳造/山岸鋳金工房)


20181024_05.jpg
光アレ(2013)


2181024_04.jpg
月のかけら(2013)


2018124_07.jpg
ハラワタ(2013)

19/28 最終日です
181028-1.jpg
10月は芸工展期間中と言う事で、赤い手拭いが掛けてあります。

181028-2.jpg

秋のアサガオ
181028-3.jpg

新入りの秋明菊
181028-4.jpg

2018.10.23 | | Comments(6) | Trackback(0) | 未分類

コメント

「光アレ」が、中に光がこもっているように感じられて、深い印象を感じました。

2018-10-25 木 07:41:06 | URL | Takeshi #- [ 編集]

力強い意志・思考・内面を感じました。改めて芸術って凄いです。

2018-10-25 木 11:05:49 | URL | ST #- [ 編集]

素晴らしい作品です。中でも「右手のダンス」がいい。これからもいい作品を作ってください。

2018-10-25 木 14:44:26 | URL | MW #- [ 編集]

”塑造のおきかえではなく”という試みは興味深く感じられました。写真でしか見られませんが、2018年代の作品に興味がありますね。次の案内を楽しみにしています。

2018-10-26 金 07:09:59 | URL | ZY #- [ 編集]

インターネットで作品を見せてもらいました。ネオンと背中の壁がいいです。ホッとします。背中の壁は力強い心が社会と対峙しているものを感じます。

2018-10-26 金 09:52:33 | URL | SS #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018-10-28 日 20:28:51 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

新しい日記へ  | トップへ戻る |  過去の日記へ

ホームページ

ギャラリーKINGYO

sd602kingyo

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索