佐藤晃展 細矢さまのブログより


sato2013-a.jpg

撮影風景
sato2013-b.jpg



http://tako-no-sanpomichi.blogspot.jp/2013/01/blog-post_1644.html

2013年1月8日火曜日
佐藤 晃 & 富平 園子 二人展を観て 


彫刻家の佐藤 晃さんから陶芸家で奥様の富平 園子さんと、展覧会開催
(1月5日から19日まで)のお知らせをいただきました
。会場のGALLERY KINGYO(東京都文京区千駄木2-49
-10 電話050-7573-7890)は、私の好きな谷中に近い下町
の奥まった一角にあります。さっそく訪れると、佐藤晃さんが笑顔で出迎えて
くれました。 


 彫刻・石彫は好きです。僕はエジプトからギリシャ、ローマ、そし
先日もバンベルグの騎士像やナウムブルク・ドームのウタとエッケハルト
像を見にドイツまで行ったくらいですから、良いものでしたらどこまででも
観に行きたいと思っています。ただ素材が重いので、コレクションの対象と
しては無理なところがあり、現在はガンダーラの小彫刻程度で我慢しています


今回の佐藤さんの石彫刻はかなり大きな作品で、独特の趣、というか
雰囲気を持っています。石の抽象作品としては珍しく、非常に親しみ
やすいです。観た瞬間に僕が作品から受けた印象は、古生代の生物、
特にウミユリです。海にゆらゆらと触手を動かして餌をとるウミユリは
実は植物ではなく動物なのです。地球上に最も早い時期、2億5000万年
前の世界に発生した動物で、ヒトデなどによく似た生物です。僕はウミ
ユリの化石を持っていて、観るたびにその美しさに引き込まれます。
それと同種の雰囲気を佐藤さんの彫刻に観たのです。

 抽象芸術は観た者側の想像力や感性に評価がゆだねられるという特質が
あります。評価するというとおこがましいのですが、自分にピッタリの
感覚であるか、どうかです。その良い見本が京都の「竜安寺石庭」です。
あの石の並びをどう観るか、そこに何を想うか、観る側の感性で、感じ方
もかわります。それが禅宗的世界観ともいえます。ですからどのように感
じるか、それは観る側次第ということになります。  

佐藤さんの作品には、その魅力的な人柄が表れています。石でありながら
どこかに柔らかさを持っており、親しみやすさ、生命力を感じさせるのです。
佐藤さんの作品は東京都立総合芸術高等学校の中庭に展示されるという栄誉
を受け、芸術家を目指す若い高校生の皆さんが、毎日彼の作品を観て、そこ
から刺激と創造の力を得ているようです。

佐藤 晃さんの略歴:  
1964年生まれ 日本大学芸術学部美術学科彫刻コース卒業
同 芸術研究所彫刻専攻修了後、多くの展覧会に出品。

 在学中から数多くの個展、美術館主催の展覧会、国立博物館柳瀬荘の
アート・教育プロジェクトなどにも出品され、その活躍の場を広げてい
ます。特に僕は栃木県益子に近い「雨引きの里での彫刻展示」に着目して
います。ここでは大自然の中に作品を展示するので、その真価が問われます
。大自然に堂々と対峙できるか、溶け込むか・・・いずれにしても中途半端
であったり、ふざけた作品は大自然を背景にして立ち続け得ないものと思い
ます。歴史を経た古い民家を借景にしても佐藤さんの石の作品は不思議に合
うし、学校の中庭にも合う。それは作品そのものに、進化し続ける生命の
力があるからだと思います。


地球の遥かな時が創り出した石、その石を掘り出して、そこに自分の時を
刻む。そしてまたそこから永遠の時がはじまる。石の彫刻って素晴らしい
なァ~、大きな家があったら、佐藤さんのこの作品を毎日見ながら暮らせ
たらいいだろうなァとつくずく思いました。
ぜひこれから注目していただきたい彫刻家です。

奥様の富平園子さんも愛らしい陶芸作品をショーケース出品されています。
日常的に使える女性らしい、やさしい感性の作品で、ぐい飲みから皿、
鉢類までの手軽に使える作品です。 園子さんは子供が大好きで、井の頭
公園近くの自宅で陶芸教室を開いています。
小さな子供から大人までたくさん通っています。

お母さんと2代にわたり個性を大切にする私立明星学園で学んだ園子さん
は、その後、ご主人と同じ日本大学芸術学部美術学科彫刻コースに進学
。そして現在はまさに多くの子供たちの個性を引き出す焼き物教室を実践
されているのです。園子さんは自分が受け継いできた人間としての永遠性、
すなはち個性という永遠性を、いま一人一人の子供に植えつけているのです。
それはいつか子供たちの心に大きく花開き、また次の世代に引き継がれて
行くことでしょう。 芸術家一家であるお二人のこれからのますますのご活躍
を期待しつつ、新年最初の展覧会を拝見いたしました。  



2013.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

新しい日記へ  | トップへ戻る |  過去の日記へ

ホームページ

ギャラリーKINGYO

sd602kingyo

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索